2005年02月24日

PDAはCLIEと決めていたのに・・・

 「オリエンテーリング」をしたことがあるだろうか?
 わたしは幼少のおり、何度か参加した経験がある。簡単な地図を頼りに通過点であるポスト(現在はコントロールと呼ばれているらしい)を探し出し、それをたどって最終的なゴールを目指すのである。
 「そんな奧のほうにポストはないだろう。」というチームメイトの声を背に、ズンズンと山に分け入り、卑怯なまでに隠れたポストを発見した時は、なんとも言えぬ優越感があるものである。

 ソニーがこのほど、携帯情報端末「CLIE」の生産中止を発表した。年率二桁のペースで縮小する市場に伴った経営判断である。一時はあれほどもてはやされたPDAだが、そこまで需要が落ち込んでいようとは・・・。営利企業としていたしかたない選択であろう。

 などと物わかりのいいことは言わないぞ!!

 数年前に購入し、そのままほったらかしていたCLIEを最近になって本格的に活用しようと思い立ち、「Palm300の技」などという本を購入し、ソフトをダウンロードしまくっていた私はどうなる?ネットで見つけた塗装サイトに触発され、マイCLIEを真っ赤に塗ってしまった私の立場は?「この使い勝手、いいねぇ。これ壊れたら、次も絶対CLIE買おう!」などと密かにCLIE貯金までしていた私の想いは何処へ行く?

 曰く「高機能化した携帯電話に押されている。」曰く「PSPや携帯音楽プレーヤーなどとのすみわけが難しくなってきた。」

 そんなことは、ホリエモンではないが予想の範囲内であろう?PDAの将来像はもっと華やかだったはずだ!

 などと思っていたら、今日買った「ニューズウィーク日本語版」に気になる単語を見つけた。

「・・・いつも電子メールが手放せないアメリカ人ビジネスマンの必携ツールになったブラックベリーのPDA・・・」

 「ブラックベリー」とは何ものぞ?で、これ↓

BlackBerry

 どうやら、PDAに携帯電話機能を追加したものらしい。そう、「携帯電話にPDA機能」ではなく「PDAに携帯電話機能」であるのがミソだ。つまり携帯電話としては不恰好だが、操作性やパソコンとの親和性が高いのである。
 ソニーよ、ここにあるではないか、PDAの次の通過点が!

 思わずブラックベリーが欲しくなった私だが、相手は北米とオーストラリア。携帯電話はGMSである。日本では使えない・・・。
 そこで思い出したのが「週刊アスキー」2月22日号の「物欲番長」。ボータフォンの「702NK」を紹介している。スタパ齋藤氏、ナイスである。
 この「ボータフォン702K」はノキア製である。そしてノキアはブラックベリーの開発元「IRM社」から技術提供を受けている。そういえば両者ははどことなく、そこはかとなく容姿が似ている。
 あぁ、欲しいよー702K!しかし、私は「セルラー」の時代からau派なのだ。いまさらボーダフォンに鞍替えはしたくない。たとえナンバーポータビリティが実行されても、「年割」で安くなった基本料金を失うわけにはいかない。

 ソニー!いや、ソニー様。お願いです。auのCDMAでブラックベリーみたいなやつ出してください!たとえご自慢の「クルクルピッピ」が壊れやすくても、販売店で修理できれば文句は言いません。
 そのためにも、CLIEの開発技術は残してくれ〜!
posted by 中華屋 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月23日

小説「終戦のローレライ」と映画「ローレライ」part1

 「加減」は大切である。
 「味覚範囲が極端に広い人間」を自任する私は、高級料理の繊細な塩加減などまったく判らないが、それでも味噌汁に甘いのしょっぱいのと文句を言うことはある。

 さて、福井晴敏氏の「終戦のローレライ」をやっと読み終わった。良い小説である。プロットが面白い。文体も、さすが今をトキメク福井氏である(今年は特にトキメキ過ぎのような気はするが・・・)。兵器の描写も海外の軍事オタク小説には及ばないものの、比較的しっかりと書かれている。
 とにかく長いので、物語のテンポが所々ユルくなるが、それでも勢いで一気に読めてしまうのはすばらしい。
 ここはひとつ、声を大にして

「終戦のローレライ」はおもしろい!

といってしまおう。

 しかし、しかしである。この小説の企画意図を考えるに、問題点はある。そもそも、この小説は映画化を前提として制作側の依頼で書かれたものである。
 なんでも「第二次大戦」「潜水艦」「女」という「お題」を出され、書き進められたものらしい。いかにも映画的な発想だが、福井氏はこれを見事に書き上げたわけだ。

 だが、完成原稿を手にした映画制作側の人間は、複雑な心境だったのではないだろうか?
 その原因は「長さ」。
 この小説はとにかく長い。単行本で上下二巻、文庫本では四巻に及ぶ長編小説である。一方、無理なく映画化できる原作の長さは文庫本で200から300ページといわれている。その倍くらいの長さでも、脚本家や監督の力量によっては原作のイメージを壊さない映画ができるだろう(その意味で「ロード・オブ・ザ・リング」はギリギリだった)。
 福井氏もそのくらいのことは判っているだろうに、なぜこれほど長い小説にしてしまったのだろうか?

 映画「ローレライ」公式HPを覘いて見ると、やはりと言うかなんと言うか、ストーリーが変わっちゃってるのである。いきなり原爆投下阻止作戦に出発なのである。こうなると監督と脚本家のオリジナリティが問われるわけだが、大丈夫なのか?ちなみに、この映画の脚本家は鈴木智氏である。ローレライの公式HPには「金融腐食列島 呪縛」が代表作のように書かれているが、彼の真の代表作は「大江戸レイプマン」であると思っている。

 とにかく、試写会はずれちゃったので自腹で見に行くしかない。いや、現在の日本映画界の力量を確かめに行くのである。
 昨年貴重なコンテンツを二つも浪費した日本映画界が放つ、懺悔も含めた会心のできであることを切に願う。
posted by 中華屋 at 15:31| Comment(2) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鉄人28号

 本日、「鉄人28号」の試写会にいってきました。
 なにせ、他人から突然もらった試写会券でしたので、まったく予備知識ナシに行ってしまったわけです。
 そして、すべての漢字にルビが打たれた瓦版のようなパンフレットを手にしたときから、イヤーな予感は始まっていました。
 文面を見る限り、どうもセグメントは「お子様」のようです。
 監督が最近子供映画付いている「冨樫森」氏ですから、当然といえば当然のことです。ちなみに、彼の過去の作品には「突撃!噂のノーパン倶楽部」なんてのもあります。
 さて、ネタバレ的なことは書きません。ツッコミどころも満載ではありますが、それも今回は自粛します。なぜか?
 この映画が「子供映画」ではないからです。
 はっきり言います。
 この映画は「児童映画」です。
 そう、小学生の夏休みの夜、なぜか校庭で行われる上映会。蚊に刺されながら母と見た、いかにも教育的な「児童映画」なのです。
 厳密に言うなら、「児童映画」に「特撮子供ドラマ」を組み合わせたような感じです。「特撮子供ドラマ」といっても、「ウルトラマン」や「仮面ライダー」ではなく、「5年3組魔法組」やら「おもいっきり探偵団 覇悪恕組」(覚えてる人、います?)系です。
 子役たちの演技力、脇を固めるオトナ達(結構有名どころを集めてます)の節度を越えたドタバタ加減等、まさにあんな感じです。きっと、「T-28PROJECT」とは「日活児童映画室」と「東映」の仮の姿なのでしょう。
 児童映画にツッコミを入れる評論家はいますまい。
 唯一ツッコミを入れていいのは、「1800円出して児童映画見ますかね?」ってところだけ。
 お勧めはしません。ビデオでも借りてください。チープな「鉄人」のCGは、映画館の銀幕でもテレビ画面でもあまり変わりませんから・・・。
posted by 中華屋 at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。