2005年06月11日

映画「ブラス!」フリューゲルって難しいですか?

 先日も書いたが、中学時代はブラバンに所属していた。ちなみに楽器はテューバである。ただ「体が大きい」という安易な理由でパートが決まった悲しき思い出である。もっとも、2,3年になって新入部員を選別する際も、基準は「ガタイのいいやつ」であったので、後輩も同じ思いをしたに違いない。
 伝統的に悲しみを量産するパート、それがテューバである。

 しかし最も悲しい思い出は、3年の時の文化祭であった。オープニング曲「アフリカ」。
なんと3年生のパートリーダーには、それぞれソロが用意されているという大盤振る舞いの曲であった。
 部活顧問が次々とソロパートを指摘していく。しかし、テューバは呼ばれない。いかに忍耐強い私でも、ユーフォニュームにまでソロが用意されていると聞いては黙っておれない。
 「先生!テューバのソロは?」私の問いに対する顧問の返答は「初っ端」。
 あぁ、神よ顧問よありがとう!テューバのソロから演奏が始まるなど、なんとした幸福であろうか。「おまかせください!一世一代のソロをお聞かせしましょう。」感激と期待で胸と鼻の穴を膨らませ叫んだ紅顔の美少年は、顧問の次の一言を聞き逃してしまった。

「・・・ね。」「は?」「だから、ぞうさんね。」「え?」意味がわからない・・・。
「だからぁ、オープニング。幕の前でお前が『ぞうさん』吹くの。そして幕が上がりながらザーン!ってアフリカの曲が始まるの。」顧問は自らの斬新なアイディアに心酔しているようである。前座あつかい・・・。しかもお笑い系。

 さて、「ブラス!」という映画をご存知であろうか?炭鉱閉鎖に直面した炭鉱夫達のブラスバンド「グライムソープ・コリアリー・バンド」の実話を基にした映画である。
 物語りもさることながら、ブラスのツボとでもいう選曲がいい。
 個人的趣向で申し訳ないが、特に始めの方で演奏される「アランフェス協奏曲」には参ってしまった。旋律を奏でるフリューゲルホルンの甘い音色。ほしい、ほしいぞフリューゲル!その音色が出せるなら、過去の悲しき記憶はさっぱり忘れ去ろう。そう思うほどにいいのであるよ。(ちなみに、本来の「アランフェス協奏曲」はギター曲です)

 んで、マウスピースの感触などすっかり忘れてしまった私に最適なのがこちら。

Flugelhorn Web Value Set


 もっともテューバとホルンでは、マウスピースはその大きさがまったく違う。経験上ホルンを吹ければテューバも何とか吹けるが、その逆は難しいのである。でもいつか買ってやる!そして習得するぞ!などとありもしない根性に期待する次第である。

posted by 中華屋 at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

肉体と精神のリラクゼーション

 このとろこ、外に出るたびに家電量売店に侵入し、マッサージチェアに座るのが至福の時間となっている。
 いいよね、マッサージチェア。特に20万円以上の高級機は、まさに「おんぶに、抱っこに、肩車」という感じの至れり尽くせり。幼少の折銭湯で座った、あの横にでっかいハンドルのついた「安楽椅子」とは雲泥の差である。ちなみに、銭湯の安楽椅子にフリチンで座ってよく怒られたのも懐かしい記憶である。

 さて、我が家はマンションである。体脂肪計で「やや肥満」などと屈辱的な表示を見せつけられる大人の男性とほぼ同じ重量はよしとして、あの巨大さはいかがなものか。
 玄関入りませんがな。玄関入っても廊下の途中にある部屋に入りませんがな。廊下の突き当たり、リビングにそんなデッカイもの置く余裕ありませんがな。我が家は引っ越し業者から「普通の家二件分の荷物がありますねぇ」などとあきれられた過去がある。

 しかし、比較的小さいサイズのマッサージチェアは使用感も「それなり」である。いっそのこと「高級マッサージチェア・組み立てキット」なるものを発売してほしいくらいだ。きっと売れると思うのだが、いかがなものだろう?


 中学時代ブラバンだったせいか、あらゆる音楽ジャンルを節操なく聞いている。
 ちなみに、本棚に置いてあるCDラックには、朝比奈の「ブルックナー交響曲第5番」とニール・ヤング「Live Rust」の間に、少女隊(懐かしいでしょ?)「スーパー・バリオ」がチョコリと座っている。ブルックナーとニール・ヤングはいいとして、なぜ少女隊なのか?私にもわからない・・・。

 はるか昔、日曜の朝テレビから流れてきたのがブルックナーであった。何かの番組のオープニングだったと記憶している。それ以来数十年、ずっと気になっていたのだが、なぜか買いそびれていた。そしてつい最近、ネットでCD批評を検索しまくり、アマゾンでやっと購入したのがこのCDである。

朝比奈 隆「ブルックナー : 交響曲 第5番 (原典版)」

 ニール・ヤング購入の動機は中学時代、FENから流れてきた「Like a Hurricane」にいたく感動したためである。放送の翌日、なけなしのお小遣いを握りしめ、レコードショップを駆けずり回ったが発見できず、半泣きになった覚えがある。
 ニールの慟哭のギター。サイコーっすよ奥さん。

ニール・ヤング「LIVE RUST」

 しかし、いくら記憶をまさぐっても少女隊のCDを買った動機がわからない。少女隊のファンであった事実はない。いや、購入した記憶はあるのだ。たしか高校生のときである。思春期特有の不安定な精神状態がなせる業だろうか?

 買った動機は不明であるが、買った結果は明瞭である。このアルバムは懐かしいアメリカン・ポップスのカヴァーなのだが、この後しばらく私はモータウン・サウンドにドップリはまることとなった。
 スモーキー・ロビンソン&ミラクルズ、マーヴィン・ゲイ、フォー・トップスなどなど、とにかくCD買いまくりの聞きまくりであった。いやお懐かしい・・・。入門として、おすすめはこいつ。

モータウン1960s ベスト・セレクション

 この週末はもう一度懐かしいCDを引張りだし、回顧とリラクゼーションにひたるつもりである。
posted by 中華屋 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。