2005年06月14日

ミュージック、スタート!

 先日より、チョコマカと当ブログのデザインを変更している。少しは見やすくなったであろうか?もっとも、いくら見栄えを気にしてみても、内容がこの程度のレベルであるため、「がんばって整形し続けるダメ男」のように思われるかもしれないが・・・。

 しかし、書店に行くとブログ関連の本がなんと多いことであろうか。しかも、どれも高いのだ。特にブログデザイン関係の本は3000円近くする。そのくせ、seesaaに対応したものが見当たらないのはいかがなものか?
 というわけで、今回のデザイン変更は以下のサイトを参考にさせていただいた。

 最強?無料seesaaブログで簡単にHP作成!
 無料ブログでビジネスブログ 
 日々お勉強中。


 紙に印刷して流通経路に乗れば数千円の情報も、インターネットではタダである。まことありがたい世の中になったものだ。

 書籍がらみでもう一つ。
 大型書店の中国語関連本書棚に行くと、いつも思うのであるが、なぜこれほど「あそび」が少ないのであろうか?大半が中国語会話の入門書である。その他文法がらみの専門書と辞書。
 そう、なんというか「中国語に興味を持ってもらう」というスタンスの本がほとんどないのである。
 その点英語はビートルズの歌詞や絵本で英語を学んでみたり、記憶に新しいところでは「ビッグ・ファット・キャット」シリーズなど、とにかくまず英語に慣れ親しもうというニュアンスの本が山ほどある。
 語学の道は険しい。特に「ニーハオ!」程度しか知らない日本人にとってその導入部となるたのしい本は不可欠ではないであろうか?
 「そんならお前が出せ」などと言わないでいただきたい。所詮中級翻訳者程度の人間には無理である。こういうものは、しゃれっ気のある研究者が執筆してこそ面白いのだから。



 数ヶ月前「医学都市伝説」というブログで紹介されていたもの。

 PRANGSTGRUP

 「講義ミュージカル」「図書館ミュージカル」など、コロンビア大学の学生グループによる作品であるらしい。(視聴にはQuickTimeが必要です)
 はたして日本でこの行為は許されるであろうか?私が学生であれば、日米文化比較のためにも是非実行してみたい気がする。

 ネタに詰まったのでお笑い系に逃げてみた次第である。 失礼。どうやら「図書館ミュージカル」は上記のサイトからは見えないようである。こちらからどうぞ。

図書館ミュージカル

 んで、これを見た日本の現役大学生はこのように反応しております。

 虹リズム 医療系大学生 Pinkqueenさんのブログです
posted by 中華屋 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。