2005年06月10日

肉体と精神のリラクゼーション

 このとろこ、外に出るたびに家電量売店に侵入し、マッサージチェアに座るのが至福の時間となっている。
 いいよね、マッサージチェア。特に20万円以上の高級機は、まさに「おんぶに、抱っこに、肩車」という感じの至れり尽くせり。幼少の折銭湯で座った、あの横にでっかいハンドルのついた「安楽椅子」とは雲泥の差である。ちなみに、銭湯の安楽椅子にフリチンで座ってよく怒られたのも懐かしい記憶である。

 さて、我が家はマンションである。体脂肪計で「やや肥満」などと屈辱的な表示を見せつけられる大人の男性とほぼ同じ重量はよしとして、あの巨大さはいかがなものか。
 玄関入りませんがな。玄関入っても廊下の途中にある部屋に入りませんがな。廊下の突き当たり、リビングにそんなデッカイもの置く余裕ありませんがな。我が家は引っ越し業者から「普通の家二件分の荷物がありますねぇ」などとあきれられた過去がある。

 しかし、比較的小さいサイズのマッサージチェアは使用感も「それなり」である。いっそのこと「高級マッサージチェア・組み立てキット」なるものを発売してほしいくらいだ。きっと売れると思うのだが、いかがなものだろう?


 中学時代ブラバンだったせいか、あらゆる音楽ジャンルを節操なく聞いている。
 ちなみに、本棚に置いてあるCDラックには、朝比奈の「ブルックナー交響曲第5番」とニール・ヤング「Live Rust」の間に、少女隊(懐かしいでしょ?)「スーパー・バリオ」がチョコリと座っている。ブルックナーとニール・ヤングはいいとして、なぜ少女隊なのか?私にもわからない・・・。

 はるか昔、日曜の朝テレビから流れてきたのがブルックナーであった。何かの番組のオープニングだったと記憶している。それ以来数十年、ずっと気になっていたのだが、なぜか買いそびれていた。そしてつい最近、ネットでCD批評を検索しまくり、アマゾンでやっと購入したのがこのCDである。

朝比奈 隆「ブルックナー : 交響曲 第5番 (原典版)」

 ニール・ヤング購入の動機は中学時代、FENから流れてきた「Like a Hurricane」にいたく感動したためである。放送の翌日、なけなしのお小遣いを握りしめ、レコードショップを駆けずり回ったが発見できず、半泣きになった覚えがある。
 ニールの慟哭のギター。サイコーっすよ奥さん。

ニール・ヤング「LIVE RUST」

 しかし、いくら記憶をまさぐっても少女隊のCDを買った動機がわからない。少女隊のファンであった事実はない。いや、購入した記憶はあるのだ。たしか高校生のときである。思春期特有の不安定な精神状態がなせる業だろうか?

 買った動機は不明であるが、買った結果は明瞭である。このアルバムは懐かしいアメリカン・ポップスのカヴァーなのだが、この後しばらく私はモータウン・サウンドにドップリはまることとなった。
 スモーキー・ロビンソン&ミラクルズ、マーヴィン・ゲイ、フォー・トップスなどなど、とにかくCD買いまくりの聞きまくりであった。いやお懐かしい・・・。入門として、おすすめはこいつ。

モータウン1960s ベスト・セレクション

 この週末はもう一度懐かしいCDを引張りだし、回顧とリラクゼーションにひたるつもりである。
posted by 中華屋 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4247784

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。