2005年06月08日

NASAと躁鬱とアフェリエイト

 ここ数日、NASAのサイトからダウンロードした「World Wind」なるソフトで遊んでいた。
 "いた"などと過去形なのは、マイクロソフトの「.NET Framework」とマイ自作機「ウチ弁慶2」との相性がよろしくなく、削除したためである。そう、「World Wind」は「.NET Framework」が無いと動かないのだ。

 で、この「World Wind」。平たく言えば「バーチャル地球儀」である。
 ソフトを起動するとまん丸い地球が表示される。こいつをマウスドラッグでグリグリ動かし、マウスホイールを回すとドンドン地表に近づいていく。そしてここが肝なのだが、ある程度まで近づくと、ランドサットの衛星写真に切り替えることができるのだ。
 いや、おもしろい。アメリカの大都市ならば、個々の建物が識別できるほど拡大できる。
日本の場合流石にそこまでは無理だが、それでも我が家の近所を拡大すると「あれ?こんな山奥に団地が・・・」などと新たな発見がある。
 以前住んでいた場所や友人のいる街、行ってみたい観光地などをグリグリ。わかれた彼女の住む町などを拡大すれば、立派なバーチャル・ストーカーである。

 世界遺産や月面を表示するアドオンもあるので、興味のある方は自己責任でどうぞ。

 NASA World Wind

 先にも触れたが、こいつをインストールする前にマイクロソフトの「.NET Framework」が必要である。あと「DirectX」9.0c以降も必要。
 さらにCPU負荷がかなりある。わが愛機「ウチ弁慶2」もCPU温度が一気に4度も上昇したので、これからの時期は注意されたい。


 前回、まるで何事もなかったかのように再開した当ブログであるが、再開した途端、1日のアクセスが500ポイントを超えてしまった。よもやとは思うが、お気に入りに登録されているのだろうか?どうか不毛なことはお控えいただきたい。

 などとネガティブ発言もどうかと思うので、本格的に「アフェリエイト」プログラムを導入することとした。

 軽い躁鬱である私にとって「継続して書く」という行為は、非常に困難である。そもそも「前文と本文、ネタを2本仕入れなければならない。」「しかも、前文と本文は(ごく)微妙に関係がなければならない。」という当ブログのお約束は、自ら発案したものにせよ、とてつもなく面倒なのだ。

 ゆえに「アフェリエイト」である。もちろん「儲けてやる!」などという浅はかなことは考えていない。今まで通り、言いたい放題な内容なのでアフェリエイトの審査さえ通るかどうか・・・。まぁ、執筆意欲を鼓舞するため、「小さな宝くじ」気分で導入しようと思う。「身体は売っても、心までは売らないわ!」という意気込みであるからして、不毛なことがお好きな方は、今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。
posted by 中華屋 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。