2005年06月07日

「ダ・ヴィンチ・コード」誰かミステリーの読み方教えて!

数年前の話である。
仕事の関係で、ある県営住宅に3ヶ月ほど通っていたときのこと。
朝から産廃業者のトラックが一台、A棟の前に止まっていた。
そして、作業服姿の男たちが一階のある部屋から荷物を次々と運び出し、トラックの荷台に放り投げていく。
その部屋の住人はその県営住宅一オンボロな車に乗っていた。パワーウィンドウは閉まらず、雨の日は透明なビニールとガムテープで応急措置をしていたものだ。
まぁ、だからこそ住人の顔を覚えていたのだが・・・。

さて、作業服の男たちは、部屋にあるものを一切合財運び出していた。たん笥、家電製品、布団、衣類。
引越しではないことは一目瞭然である。全部捨てるつもりらしい・・・。

そうなれば、考えられることは一つ。
これまでの生活をすべてチャラにしても余りあるほどの金を手に入れたに違いない。
ジャンボ宝くじだか親の遺産だかは知らないが、とにかくオールリセットをかけたとしか思えないのだ。

そうだとすれば、なんともうらやましい。
それ以来、私もジャンボ宝くじが当たったら、同じようにしようと心に決めている。


ダン・ブラウン著「ダ・ヴィンチ・コード」を読了した。
毎度流行から遅れて申し訳ないが、本来ならこの小説は単行本化されてから買おうと思っていたのだ。(お値段高いですからねぇ)
ところが、ヨハネ・パウロ2世の逝去やら映画版にイアン・マッケランが出演するやらで購買意欲をそそられてしまった。
発売から約1年、映画公開まであと1年という中途半端以外何ものでもない時期ではあるが、読んでしまったものは仕方ない。粛々とレビューする次第である。極力ネタバレ的な内容は書かないつもりなので、ご安心ください。

この小説は、ご存知のとおりミステリーに分類されるものである。
ミステリー小説といえば、スリルとサスペンス、そして謎解きと相場は決まっている。
とは思うのだが、なにせミステリー小説など久しぶりなので、いまいちその辺の楽しみ方がわからない。強いて感想を述べれば「ご都合主義のオンパレード」といったところか。

となれば、唯一の楽しみは「ダ・ヴィンチの絵画に隠された歴史の謎」である。中学時代「国社の○○ちゃん」などと呼ばれていた私は、この手の話が大好きなのだ。

で、小説中でも語られているが、欧米のキリスト教圏でこの手の研究は比較的盛んに行われているらしい。日本もキリスト教圏であれば、たま出版とかPHP出版から多数、関連した研究本が発行されていたのであろう。

ところが一応仏教圏である日本でこの手の研究は少ない。
つまり、判断材料となる資料が絶対的に不足しているのである。
そりゃまぁ一般的な日本人からすれば、イエス・キリストが神様だろうが人間だろうが、あまり関係はない。そんなもの宗教的解釈か歴史的解釈かの違いでしかないのだから。

とにかく、真っ当な研究でひとつの仮説が語られたのなら、真っ当な研究で仮説に対する反論が語られ、その双方を吟味してどちらがより真実に近いのかを評価しなければ意味がないのであるよ。
しかし、これは小説であり研究書ではない。小説としてのテンポを守るため、仮説から仮説へと飛び移り、「仮説的真相」とでもいうべき場所に辿り着くのである。
「ほらごらん。あの絵はこんな風に見えないかい?つまりあの絵にはこんな意味が込められているんだよ。」などといわれてもねぇ。それじゃ霊媒師が鑑定する心霊写真だよ。
せめて、「あの絵はこんな風に見られてるけど、それはこういった理由で違うんだよ。本当の見かたはこうで、こんな意味があるんだ。」くらいに説明してくれないと。(もっとも、小説としては致命的なまでにまどろっこしいが・・・)

実際「あの絵はこんな風に見える」と小説の中で指摘され、その絵を検索して見たのだが、「いや、私にはそんな風に見えません。」と思ったこともありました。(いくらなんでも、コジツケまるわかりなんだもん)

いくら「あの絵のこの部分は不自然だろう?」などと言われても、美術史や歴史学の本流がどのようにその不思議を説明しているのか?小説にはほとんど出てこない。
欲求不満爆発である。

また、この題材を扱うにあたって当然語られねばならない重要な逸話が抜けていたりして、「ツメが甘いなぁ」という印象をうけた。(「レンヌ・ル・シャトー」の話が出てこないよー)

まぁ、異端とはいえちゃんとした研究をもとに書かれたこの小説のほうが、先日鑑賞した「ナショナル・トレジャー」より断然面白い話ではある。
上巻はテンポよく一気に読めるが、下巻はテンポを犠牲にして長々と種明かしの説明が続くのだが、「読んで損した」というほどの失望感はないので、古本屋で安く手に入るか、文庫化されたあかつきには一読をお勧めする次第である。

「私はそれでも新品を買いたい!」という酔狂な方はこちら
ダン・ブラウン著「ダ・ヴィンチ・コード」

「ダ・ヴィンチ・コードの解説本は?」という方はこちらから
ダ・ヴィンチ・コード
【関連する記事】
posted by 中華屋 at 20:50| Comment(6) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。「すてきな奥さんなれるかな」のわさびでございます。
あのような乱暴な感想文に、こんなに立派なレビューのトラックバックを頂戴しまして、なんとも恐縮です。
今日、書店に行ったついでに解説本を立ち読みしてきましたが、その「無理めの深読みてんこ盛り」に、くらくらしました。まあ、それだけダ・ヴィンチの作品の底力が人々を惹きつけているのだな、ということは、あらためて実感できたのですが。

どうもありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願いします。
Posted by わさび at 2005年06月08日 19:41

うははははっ!!wwwすんげーパ イ オ ツな女の子とちゅっちゅしてきたよ〜!!www
突くたびにブルルンブルルン揺れるのはオ パ ー イ好きにはたまらんwwwww(*´∀`*)
しかもたゆんたゆんのオ パ ー イでズリズリもしてもらったし、キンモヂィィー!!www(ノ*゚∀゚)ノ

http://adc.1g8sr4.com/kms8r84/
Posted by ボッヨヨヨヨ〜〜ン!!www at 2009年08月09日 22:36

オタ系の子いいねーwwwww
ちっとコスプレしてくれって言ったらネコミミメイドになってくれたしwww
しまいにはあえぎ声まで「にゃーん」とか言ってたしなwww(*゚∀゚)・∵. ブハッ!!
あーでもこれかなりハマるわwww次は巫女のカッコさせる予定wwwww

http://envi.strowcrue.net/p27uwdo/
Posted by ネコミミモード突入www at 2009年08月15日 02:20

>しゅうへい
オレはSなセレヴになかなかイかせてもらえない生殺しプレイされたよ(笑)
焦らされ過ぎてザ − 汁 が 潮 吹 きみたいに吹き出た時は気持ちよすぎて失神するかと思ったwwwww

つーか男でもあんな風にイけるんだなぁwwwマジであれは一回は体験しといた方がイイね!!ヽ(*´ー`*)ノ

http://Tmo.Ometroro.com/sadsmew/
Posted by シュパシュパァァー!!って感じ?w at 2009年08月21日 02:15

奥さん、1人だって言ってたのに実は3人でした☆とかちょっと待てっての!!www
気がついたらプ ェ ラ・アニャルなめ・ベロっチュ〜の三連コンボにずっと喘ぎっぱなしwwwww
家に帰ったら1キロ体重減ってたしなwww(ヽ゚Д゚/)ゲソー

ま、3人合わせて2 0 万くれたから大満足だけどねwwwww

http://cune.protobem.com/apdhcfq/
Posted by おいおい、聞いてないよー!! at 2009年08月28日 19:46

イ カ く さ 〜 い!とか言いつつ嬉しそうな顔してじゅっぽじゅっぽってた件(´・ω・`)
ドロッドロなヤツを口の中に出してあげたらちゃんと全部飲んでたしwww

「これは美容にいいの!」って言ってたけどコイツただのザ - 〇 ソ マ ニ アだよwww
俺が今までコイツに飲ませたザ - 〇 ソはたぶんペットボトル1本より多いねwwwww

http://COOl.Au-aU-a.nEt/0w1zapc/
Posted by なんだかなぁぁwww at 2009年09月06日 08:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。