2005年03月04日

小ネタ集

 掲示板やブログ、日記などで「(笑)」というのを見かけることがある。
 私はこれを見るとひどく悲しい気分になったりする。ようは嫌いなのである。
 本来「(笑)」というのは、インタビュー記事や対談記事などで用いられる。これは問題ない。発言者の様子やその場の雰囲気、発言の本気度を的確に表す良い方法だと思う。
 上記の意味で、チャットで使われる場合もいいだろう。同じ時間を文字を通して共有するには、それなりの感情表現が必要だ。
 しかし、掲示板やブログではどうだろう?
 発言の本気度を示す場合はまだいい。だが大抵の場合、それは発言者が「ニヤリとしてます。」的な使われ方であり、読む者にとっては面白くもなんともない文章の後に付いていたりする。
 夜中に一人、キーボードを叩きながらモニターの前でニヤニヤしている姿を想像しろとでも言うのか?そんなもの、物悲しいだけであり、気持ち悪いだけである。
 この意見にご同意願えるなら、是非「(笑)」撲滅運動に参加いただきたい(笑)


 このブログでは絶対やりたくなかったのだが、一言だけお許し願いたい。
 ライブドア関連「ニッポン放送社員による共同声明文」である。「フジの差し金だ!」と勘ぐるむきもあるようだが、経緯がなんにせよ、この問題で初めて真っ当に「リスナー」と言う言葉を聞いて、ちょっと安心したのは私だけではないはずだ。
 確かに、企業は株主のものかも知れないが、メディアの企業価値を決めるのは視聴率であり聴取率であり購読数ではないのだろうか?
 まぁとにかく、この件で「うえやなぎまさひこ」氏あたりが辞めてしまったらヤダなぁと思う次第である。


 映画「ローレライ」は、いよいよ明日公開である。
 期待している。期待しているぞー!
 たとえ前田有一氏に30点をつけられ「今週のダメダメ」に選ばれようとも・・・。
 しかし、明日は都合で見に行く時間がない。申し訳ない。
posted by 中華屋 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。