2005年03月03日

ハリウッドの懲りない面々

 私は自称「パソコン自作派」である。
 初めて買ったパソコンは富士通製のブックタイプであった。ところがグラフィックが貧弱すぎて同時に購入した3Dゲームが起動しない。アナログ回線でネットを検索しまくり、どうやら取り付けられそうなグラフィックボードを購入。自分で取り付けたのが始まりのような気がする。(そんなもの、自作の内に入らない?すみません気のせいでした。)
 初めてパソコンのカバーを開けた時の、あの期待と不安が忘れられず、その後のパソコンは自作するようになった。
 ネットを検索し、本を買い込み、その基本構造を読み解く過程はブラックボックスを覗き見たようで非常にワクワクするものである。もっとも「広く浅く」をモットーとする私は、あまりディープになると飽きてしまうのだが・・・。

 自分の書いた「アカデミー賞ですねぇ」及び「再びアカデミー賞ですねぇ」を読み返して、気分が悪くなった。
 上から物を言いすぎ。高飛車すぎ。傲慢すぎな文章である。私と同じ不快な思いをされた方には申し訳ない。

 それもこれも、先日買った文庫本のせいである。

 マックス桐島 著
ハリウッドの懲りない面々―...講談社+α文庫


 いや、ゴシップ的なハリウッド暴露本であるが、著者の肩書きがハリウッド・プロデューサーであるため、そこそこ信頼性はあると思われる。
 ハリウッドの若手不良軍団が「ハリウッド・レベルズ」と呼ばれていたり、スター御用達の自家用ジェット機はガルフストリーム社のGシリーズであったりと、映画好き、ハリウッドスター好き、ウンチク好きにはたまらない話のオンパレード。だれでもハリウッド通(になったような気分)になれる一冊である。
 かく言う私も、いっちょ前のハリウッド通面をして、高飛車な文章を書いてしまったのは前出の通り。自分の感化されやすさが恥ずかしい。

 ちなみに、著者であるマックス桐島氏のホームページもなかなか面白い。
 アマゾンのアフィリエイトを導入したので、あまり信用されないかもしれないが、ライトなハリウッド映画ファンには是非おすすめしたい一冊である。
 この文章をイヤラシイと思った方は、お近くの書店での購入を強くおすすめする。
posted by 中華屋 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(2) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

パソコン
Excerpt: 激安パソコン速報! 激安パソコン速報! 今がチャンスの本当に安い、激安・格安パソコンのみをご紹介します! 2005年03月02日 最安値より-3300円! 激安PC Let's NOTE W2 CF..
Weblog: 激安パソコン速報!
Tracked: 2005-03-03 01:00

アフィリエイト
Excerpt: アフィリエイトで、1ケ月566万売り上げた! アフィリエイトで、1ケ月566万売り上げた! アフィリエイトで、2月の1か月で、566万円の売上げをあげました。その結果を報告します。 2005年03月..
Weblog: アフィリエイトで、1ケ月566万売り上げた!
Tracked: 2005-03-03 03:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。