2005年03月01日

アカデミー賞ですねぇ

 ファイナンシャル・プランナーなどという資格を取ったばかりに自分の老後が気になり、物欲にブレーキをかけている今日この頃。そう、矢田亜希子に諭されるまでもなく、お金は大事なのである。
かつてビートたけし氏はラジオ番組で「地位も名誉もお金もみんな持ってる。無いのはデカイ○○○だけ!」と豪語しておられたが、地位と名声とお金の三つを上げられたら、私は迷わずお金をとるであろう。もう一つの方は幸いなことに間に合っている(と、うそぶいてみる)。

 アカデミー賞である。
 最優秀主演男優賞はおおかたの予想通り「Ray/レイ」のジェイミー・フォックスが受賞した。これに文句を言う奴は、対抗馬のディカプリオ氏しかいないだろう。私としては、ジム・キャリー氏にこそ賞を取ってほしかったのだが、これは公正さを欠いた個人的な好みの問題である。

 監督賞はクリント・イーストウッド翁であった。予算面でワーナーに冷遇されたにもかかわらず、成し遂げた快挙である。
 しかし、やはり個人的にはスコセッシ翁に取ってほしかった。ハービー・ワインスタインあたりが、もっとゴリ押しできなかたのか?爺さまそろそろヤバかろうに・・・。

 そんな悲喜交々のアカデミー賞で、モーガン・フリーマンの最優秀助演男優賞には惜しみない拍手を送りたい。近所の浅黒いパンチパーマのオッサンに、密かに「モーガン」というニックネームを付けてるくらい大ファンなのである。今度オッサンに会ったときは、背後から小さな声で「おめでとう」と言ってあげたい。
posted by 中華屋 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2195754

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。