2005年02月23日

小説「終戦のローレライ」と映画「ローレライ」part1

 「加減」は大切である。
 「味覚範囲が極端に広い人間」を自任する私は、高級料理の繊細な塩加減などまったく判らないが、それでも味噌汁に甘いのしょっぱいのと文句を言うことはある。

 さて、福井晴敏氏の「終戦のローレライ」をやっと読み終わった。良い小説である。プロットが面白い。文体も、さすが今をトキメク福井氏である(今年は特にトキメキ過ぎのような気はするが・・・)。兵器の描写も海外の軍事オタク小説には及ばないものの、比較的しっかりと書かれている。
 とにかく長いので、物語のテンポが所々ユルくなるが、それでも勢いで一気に読めてしまうのはすばらしい。
 ここはひとつ、声を大にして

「終戦のローレライ」はおもしろい!

といってしまおう。

 しかし、しかしである。この小説の企画意図を考えるに、問題点はある。そもそも、この小説は映画化を前提として制作側の依頼で書かれたものである。
 なんでも「第二次大戦」「潜水艦」「女」という「お題」を出され、書き進められたものらしい。いかにも映画的な発想だが、福井氏はこれを見事に書き上げたわけだ。

 だが、完成原稿を手にした映画制作側の人間は、複雑な心境だったのではないだろうか?
 その原因は「長さ」。
 この小説はとにかく長い。単行本で上下二巻、文庫本では四巻に及ぶ長編小説である。一方、無理なく映画化できる原作の長さは文庫本で200から300ページといわれている。その倍くらいの長さでも、脚本家や監督の力量によっては原作のイメージを壊さない映画ができるだろう(その意味で「ロード・オブ・ザ・リング」はギリギリだった)。
 福井氏もそのくらいのことは判っているだろうに、なぜこれほど長い小説にしてしまったのだろうか?

 映画「ローレライ」公式HPを覘いて見ると、やはりと言うかなんと言うか、ストーリーが変わっちゃってるのである。いきなり原爆投下阻止作戦に出発なのである。こうなると監督と脚本家のオリジナリティが問われるわけだが、大丈夫なのか?ちなみに、この映画の脚本家は鈴木智氏である。ローレライの公式HPには「金融腐食列島 呪縛」が代表作のように書かれているが、彼の真の代表作は「大江戸レイプマン」であると思っている。

 とにかく、試写会はずれちゃったので自腹で見に行くしかない。いや、現在の日本映画界の力量を確かめに行くのである。
 昨年貴重なコンテンツを二つも浪費した日本映画界が放つ、懺悔も含めた会心のできであることを切に願う。
posted by 中華屋 at 15:31| Comment(2) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「小説は原作ではなく、原作があるとすれば2人で作った200ページにわたる物語のプロットです」
樋口真嗣

Posted by pets at 2005年02月23日 23:06
 おぉ、樋口監督はそのように申しておりましたか。なれば、ストーリーが違うのは初めから意図されたものであると。これは、当方の認識不足でありました。福井氏や樋口監督、脚本の鈴木氏にあらぬ非難を浴びせてしまい、大変申し訳ない。謹んでお詫び申し上げます。
 非難されるべきは「原作 藤井晴敏『終戦のローレライ』」と大々的に打ち出しているフジや東宝の宣伝部でありますな。樋口監督の意図としては、明らかに企画同時進行の「メディアミックス作品」なわけですから。
Posted by 中華屋 at 2005年02月24日 10:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2099357

この記事へのトラックバック

潜水艦映画「ローレライ」浮上…ヒットメーカー総指揮
Excerpt: 【ZAKZAK】来月5日封切りの「ローレライ」(樋口真嗣監督)が日本映画では「潜水艦、イ−57降伏せず」(1959年、松林宗恵監督)以来46年ぶりの本格的潜水艦映画として期待されている。戦後60年の節..
Weblog: 拾稔堂店長のこうかい?日誌
Tracked: 2005-02-24 06:56

ローレライ関連のトラックバックセンター
Excerpt: 福井晴敏原作、樋口真嗣監督の映画ローレライに関連するトラックバック ローレライ(ろーれらい) 2005年3月5日東宝邦画系劇場公開 監督:樋口真嗣 製作:亀山千広 原作:福井晴敏..
Weblog: ブログニュース速報@トラックバックセンター
Tracked: 2005-03-07 19:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。